第26回日本産業ストレス学会

各種認定単位

●日本医師会認定産業医研修制度研修単位
11月30日(金) 専門5単位まで
12月1日(土)  専門5単位まで   計10単位まで
受講前に総合受付で1日ごとの「受講票」を受け取り、必要事項(所属医師会名、7桁の産業医認定番号含む)をご記入下さい。受講後、総合受付で「受講票」と引き換えに認定シールを交付します。途中参加、途中退席の場合は、参加部分のみのシールを交付します。

【11月30日(金)】
特別講演:働き方改革とこれからの産業ストレス対策をめぐって(更新1単位)
特別講演:働き方改革時代における産業医のあり方(専門1単位)
教育講座:高ストレス者への対応の実際(面接指導から健康相談まで)(専門1単位)
シンポジウム:専門職・機関間の連携推進と働き方改革(まずは11の系からネットワークを立ち上げて)(専門2単位)
【12月1日(土)】
シンポジウム:働き方の近未来(働き方の多様化とポジティブメンタルヘルス)(専門2単位)
特別講演:長時間労働と行動経済学的特性について(専門1単位)
教育講座:職域メンタルヘルス活動のさらなる発展のために(好事例の収集と活用)(専門2単位)
●日本臨床心理士資格認定協会 研修ポイント <後日手続き>
大会参加証、領収書、プログラム(該当部分のコピー可)を添え、本人が学会本部(専門職制度委員会)に後日申請して下さい。本大会は「臨床心理士教育・研修規程別項」第2条第4項の短期型(ワークショップ)研修会(受講者2ポイント)に承認されています。
●日本産業衛生学会 産業保健看護専門家制度認定単位 ※申請中 <後日手続き>
大会参加証、領収書、プログラム(該当部分のコピー可)を添え、本人が学会本部(専門職制度委員会)に後日申請して下さい。
※一般演題を除くすべてを対象セッションとして申請しています。分類は、産業保健看護専門家制度委員会HPに掲載されます。
http://hokenkango.sanei.or.jp/contents_02.html
●日本心身医学会認定単位 <後日手続き>
申請書類を本人が学会本部(専門職制度委員会)に提出して下さい。
●日本産業精神保健学会 産業精神保健専門職単位認定 ※申請中 <後日手続き>
大会参加証、領収書、プログラム(該当部分のコピー可)を添え、本人が学会本部(専門職制度委員会)に後日申請して下さい。
 

 

top