HOME
ご挨拶
開催概要
プログラム・日程表
演題募集
事前参加登録
座長・演者の皆様へ
参加者の皆様へ
会場・交通案内
協賛申込
リンク
ポスターダウンロード
指定演題登録
 
かごしま市観光ナビ
 
症例検討会
 
~症例から学ぶ 神経感染症・免疫疾患~
2022年10月15日(土)9:00-12:00
 
【演題募集について】
    ・演題数:4題(成人、小児分野より2題ずつ)
・持ち時間:各30分
   
    演題の時間配分
   
 (1) 症例提示 5分
 (2) 質疑応答 5分
 (3) 経過、診断がついているなら診断についての提示 5分
 (4) ディスカッション 7分
 (5) 疾患のOverview、診断がついていない場合には
考えられる疾患や鑑別
5分
 (6) 質疑応答およびディスカッション 3分
    演者1(若手医師が望ましい):上記(1)から(4)を担当
演者2(指導医):上記(5)、(6)を担当
   
     本セッションは、診断ができなかった、または、難渋した症例をご提示いただき、参加者全員で症状、検査、診断などについて検討します。
     若手の先生が①症例提示、②検討するための質問を受け、③経過および、診断がついた症例は診断についての提示をおこないます。④では参加者全員でディスカッションしていただきます。④終了後に演者を指導医の先生に交代し、⑤診断がついている場合には疾患のOverviewを、診断がついていない場合には考えられる疾患や鑑別等の解説をおこない、⑥質問を受け、ディスカッションします。
     本セッションの演題登録時は診断名を隠した演題名を登録いただきます。この演題名は学術大会の抄録集に掲載いたします。抄録には診断名もしくは、診断に至っていない場合は考えられる疾患や鑑別を記載していただきます。学術大会HPには、診断が症例検討会前に判明しないようパスワードをかけた状態で掲載し、各演題終了後に座長から抄録へアクセスするためのパスワードを公表します。加えて、抄録は翌年の学会誌に「学術大会の企画プログラムの内容紹介」として掲載予定です。
   
症例研究演題登録
   
【第1部 症例検討会】
【第2部 こんな時どうする?先輩が答える若手の相談 実臨床で困った経験を話してみよう!】
 
 

若手の先生方、実臨床で困ったことや、こんな時どうするんだろう?など、
普段の疑問点など話してみませんか。
どんなご意見でも構いません、皆さまのご意見をお待ちしております。

意見投稿フォーム